最新の記事 LATEST ENTRIES

 

カテゴリー CATEGORIES


アーカイブ ARCHIVES


RSS
yahoo画像 google画像 livedoor画像


 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


小学校で英語必修だけど、90%の公立小学校「不安が残る」!!

JUGEMテーマ:幼児教育

昨夏、旺文社が全国の公立小学校5000校に 英語必修化についてアンケートを行いました。
このうち253校が「課題があり、導入には不安が残る」と回答しています。
不安の中身は91・7%が「指導内容・方法」と答えています。先生には自信がないのですね。
73・9%が「指導計画」71・5%が「教材・教具」だったのですが、これは意味不明ですね。
小学校の新しい学習指導要領で5、6年生の外国語活動(英語)が必修となって、新年度のこの4月から多くの学校で先行実施されるのですが、半年前の現状とどう変わったのでしょうか?
未だに、学校では不安が残っているのでしょうかね。
英会話学校に駆け込む教師もおり、平成23年度の本格導入に向けて準備は急ピッチですが・・・・。

幼児の英会話の習い事は、段々と、低年齢化してくるのでしょうね。
子供の英会話の教材は高額ですから・・・親御さんの負担がかかってくるのでしょうね。
子供は放っておいても、日本語は話すようになってくれるでしょうが、英語を話すようにはなりませんから・・・
また、都会と地方では、英語学力の格差が出来ますね。なかなか、地方でnatione英語を話す人はいませんからね!!
子供の英会話自宅教材の口コミ情報
クレジットカードのカードローン地獄



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--